新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

大相撲に変化を望む点

楽しみな琴欧洲親方

スポニチの記事から。琴欧洲親方が日体大生に 来日前に大学中退、3年から「編入」大相撲の佐渡ケ嶽部屋の部屋付き親方である琴欧洲親方(元大関)が来年4月から日体大の学生となることが7日、明らかになった。角界入門前に通っていた母国ブルガリアの国立…

やはり物言いの場には再生映像を

月刊誌で1000円と高い割りには、 毎号記事も少なく大して面白くないベースボールマガジン社の「相撲」。 しかし今月初めに発売された「名古屋場所展望号」はよかった。相撲 2014年 07月号 [雑誌](2014/07/03)池田哲雄商品詳細を見る何より目を引いたのは…

ゾウが押し合っているスポーツ

大砂嵐が外国特派員協会で会見(ニッカン)大相撲でエジプト出身の幕内大砂嵐(22=大嶽)が12日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で会見を行った。ボディービルから相撲に転向した少年時代、来日後の角界入りでの戸惑い、イスラム教徒としてのラマダ…

十三日目

私がtwitterでフォローしている錣山部屋の堀切くん、 今場所三段目優勝を果たして嬉しいインタビューが幕内中継のあいまにあった。まだ入門6場所目で、先々場所は序二段でも優勝している。 スピード出世に加えキャラクターもどことなしヤンチャな感じで、期…

九日目

本日のテレビ中継。 前日の「敢闘精神〜アンケート」(長いので略す)の結果を紹介しながら、 実況アナから 「力士たちに話を聞くと、これで何か貰えるんならいいんだけど、という声が多い」との話が。しかし正面解説の玉ノ井さん(元栃東)の返事は、 「ま…

大魔神の目に涙、の二日目

今日のNHK中継では、昨日初日の「敢闘精神アンケート」の結果を紹介。 1位の力士の取組もVTRで見せてくれた。 (ちなみに今回は遠藤に勝った豊真将)今場所はずっと続けるらしい。 人気回復策の一環で始められたが、 このところ少々注目度が減ってきた…

村山副理事長が私案を提示

年寄名跡の扱い改革私案提示 協会の村山副理事長(毎日)日本相撲協会の公益法人制度改革対策委員会が2日、東京・両国国技館で開かれ、協会副理事長の村山弘義座長(元東京高検検事長)から年寄名跡の扱いについての改革私案が示された。協会は私案の内容を…

物言いの土俵に液晶テレビを持ち込んではどうですか

強引な国策でわが家もようやく地デジを導入。 ブラウン管から遅ればせながら脱却し、液晶テレビを眺めている。 しかし今のテレビの薄さ軽さはちょっと驚く。 それで思いついたエントリー。 相撲を見るようになって長いが、 いまだに物言いがついた時の協議と…

年寄株問題が前…進?

名跡改革に複数案=執行部は「協会管理」主張−大相撲制度改革委(時事)日本相撲協会の公益法人制度改革対策委員会は5日、東京・両国国技館で会合を開き、公益財団法人化への課題となっている年寄名跡の問題では、個人資産として扱う現状維持案と、協会が管…

刈谷アナの「時論公論」

水曜夜にNHKテレビで放送された「時論公論」 普段はこんな堅苦しい番組など目もくれない私ですが、 「大相撲・再生への課題」ということで見てしまった。解説員は刈谷アナ。 臭みのある刈谷節でとかく好き嫌いの分かれる人ですが、 今回は普段の実況スタイル…

観客によるマークシート評価

いよいよ正式に実施するらしい。力士の敢闘精神を観客ら評価 秋場所で実施(毎日)日本相撲協会は17日、愛知県体育館で、定例の理事会を開き、9月の秋場所で、力士の敢闘精神を観客らに4段階で評価してもらうマークシート方式のアンケートを実施すること…

豊真将が優勝争いトップグループに属す五日目

中継を見ていると、あいかわらず目につく客入りの悪さ。 特に今場所は、アナウンサーのほうからこの話題を解説者にふることが多い。 すわNHKの撤退フラグかと見るものは心配してしまう。今日もアナからこのはなしがでたが、正面解説、協会広報部長の二所ノ関…

紛糾必至の年寄名跡問題

前回は若干早とちりのブログになったが、 さすがに工程表と名づけるだけあってテーマごとの期限などは それなりに区切ってあったらしい。相撲協会改革:年寄名跡問題 10月結論…工程表(毎日)日本相撲協会が監督官庁の文部科学省に1日提出した組織改革の…

工程表ってそんなものなの?

改革案を“難易度”で区分 相撲協会の組織改革工程表(産経)日本相撲協会が公益財団法人認定に向けて作成し、文部科学省に提出した組織改革の工程表は、「ガバナンス(統治)の整備に関する独立委員会」が2月に同協会に出した答申の各項目を、実現を目指す改…

なるか年寄株改革

年寄株、協会買い取りの可能性も(ニッカン)日本相撲協会は5月31日、東京・両国国技館で臨時の理事会と評議員会を開き、公益財団法人認定に向けた組織改革の工程表を作成した。一両日中にも放駒理事長(元大関魁傑)が文部科学省に提出し、八百長問題への…

独立委員会の答申と小錦の想い

メディアの八百長フィーバーもちょっとだけ落ちついてきた中、 公益法人化へ向けた第三者機関「ガバナンス(統治)の整備に関する独立委員会」の 最終答申がついに出た。独立委による答申の要旨=大相撲(時事)〔はじめに〕 相撲は日本文化にとって切り離せ…

八百長の防止に一門別総当り制の復活というのはどうか

相撲好きには気のめいるニュースが毎日続く中、一服の清涼剤のような話もたまに出てくる。高見盛が改革!3カ条!信頼回復へ(サンスポ)大相撲の幕内高見盛(34)が13日、八百長問題に揺れる相撲界へ3つの提言を行った。(1)地元へのサービス(2)本…

OBがトップでなくてはいけないのか

日本相撲協会が白鵬の師匠交代を勧告(デイリー)日本相撲協会は24日、東京・両国国技館で理事会を開催。横綱白鵬が所属する宮城野部屋の師匠で、07年に愛人とされる女性に八百長を告白したと「週刊現代」(講談社刊)に報じられた宮城野親方(元十両金親)と…

前・振分親方「大相撲型破り交遊録」

今日は最近店頭で見つけた本を紹介。大相撲 型破り交遊録(2010/01)笹木 淳二商品詳細を見る少し前に相撲協会を定年退職した、前・振分親方(元幕内・朝嵐)の回想録。 朝嵐、といわれてピンと来る人は少ない、というか私も分からなかった。 実はこの人。wiki…

デーモン改革案(2)〜打ち出し時間をずらす〜

先日ちょっと紹介した、デーモン閣下の大相撲改革案の続き。この中に、営業上の改革案がいくつかある。 その一つをちょっと考えたい。九、本場所の取組時間を2時間後ろにずらす。(現代思想2010年11月号大相撲特集 デーモン閣下「『国技』と称され続…

デーモン閣下の大相撲改革案

以前、久保田智子アナのエッセイが面白い、と このブログでも紹介した雑誌「現代思想」11月号。 現代思想2010年11月号 特集=大相撲(2010/10/27)不明商品詳細を見る もうバックナンバーになってしまったのだが、 一冊丸ごと大相撲特集で、読み応えのある記…

平成22年11月場所14日目〜粋な取組編成があってもいいのに〜

勝ち越しめざす豊真将、 6勝7敗崖っぷちとなって今日は小結阿覧戦。●阿覧(おしだし)豊真将○阿覧立ち合い突いて出るが、豊真将下からあてがって速攻で押し出し。 これで7勝7敗、明日の安美錦戦に勝ち越しがかかる。昨日まで私は目指せ三役、とほざいて…

元力士のはなしにみる相撲部屋の実態

本当かウソか分からないのですが、 序の口止りで7ヶ月で相撲から足を洗った元力士のスレッド、 というのが過去2ちゃんねるにあって、まとめたものが現在アップされてます。 けっこう信憑性があるので、ちょっと上げてしまう。元力士で7ヶ月で辞めたけど質…

土俵の大きさは今のままでいいかどうか(2)〜やはり16尺土俵を〜

先日書いた土俵拡大論の続きです。それでは現行の土俵が今の力士たちの体格からして狭い、とすれば はたしてどれくらいのサイズに広げたらよいのか、考えてみます。やはりおよそ80年前の15尺土俵制定時にくらべ10センチも伸びた、 平均身長から考える…