新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

大相撲の国際化

照ノ富士「春雄」の由来を調べつつ

大関照ノ富士が誕生(デイリー) 日本相撲協会は27日、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月12日初日・愛知県体育館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇照ノ富士(23)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の大…

千秋楽

宝富士が9勝目、来場所の新三役は確定的 ○宝富士<東前一・9-6>(よりきり)勢<東前十・10-5>● 宝富士左、勢右のケンカ四つ。立ち合い激しい差し手争いから勢右でかっぱじくも、宝富士左を差し勝ち、下手を引いて向正面に寄り立てる。勢俵に詰まりながら右へ…

千秋楽

1敗白鵬、2敗照ノ富士で迎えた千秋楽。 照ノ富士が豪栄道を下したものの、白鵬も結びで日馬富士を熱戦のすえ退け、 自身の記録を更新する34度目の幕内最高優勝を果たした。 2分超の熱戦を白鵬制す○白鵬(よりきり)日馬富士●立ち合い中に入ろうとする日…

今更ながら白鵬の審判部批判について〜その2〜

前回のエントリーの続きです。 このたびの騒動は、白鵬自身がバラエティ番組で謝罪するかたちで、 いちおうの決着を見たようです。ただそれでも私は個人的に、まだ釈然としていません。 誰に謝ったのか分からない、 何を謝ったのか分からないといった話では…

今更ながら白鵬の審判部批判について〜その1〜

白鵬の審判批判問題。 いささか時期を逸したエントリーではありますが、 自分なりに思うことが多々あったので記しておきます。今回の白鵬の発言は、相撲ファン以外の耳目も集め、 ある種社会的な騒動にもなりました。 どうしてここまで盛り上がってしまった…

横綱経験者のいない相撲協会

鶴竜結婚 23歳モンゴル人と 5月パパ(ニッカン)大相撲の横綱鶴竜(29=井筒)が、モンゴル人のダシニャム・ムンフザヤさん(23)と結婚することが12月31日、明らかになった。5月には第1子も誕生する予定という。関係者によると、昨年夏場所ごろか…

九州場所まとめ・その2

九州場所まとめ、の続き。 白鵬について。序盤は気合いが入りすぎたり、栃煌山に攻め込まれたり。 こりゃ今場所危ないかな、と見ていたら六日目の高安戦で不覚の1敗。 しかしその後は立て直し、1差で全勝の鶴竜をじっと追い続け、 終盤に入れば鶴竜の側が…

「相撲」11月号の表紙に愚痴る

遅ればせながら月刊誌「相撲」11月号を購入。相撲 2014年 11月号 [雑誌](2014/10/30)不明商品詳細を見る大鵬の幕内最多優勝記録に並ぼうとする白鵬と、 入幕2場所目で新関脇という桁外れの出世を果たした逸ノ城。 展望号だけあって場所の主役のツーショッ…

楽しみな琴欧洲親方

スポニチの記事から。琴欧洲親方が日体大生に 来日前に大学中退、3年から「編入」大相撲の佐渡ケ嶽部屋の部屋付き親方である琴欧洲親方(元大関)が来年4月から日体大の学生となることが7日、明らかになった。角界入門前に通っていた母国ブルガリアの国立…

三日目

新大関早くも2敗目○嘉風(こまたすくい)豪栄道●立ち合い豪栄道右四つに組みに出るが、 嘉風突いて行くと豪栄道応じて突っ張りに切りかえ、 東土俵際まで一気に持っていく。 俵に詰まった嘉風左にいなせば、 豪栄道なんのと残して再び攻め込もうとするとこ…

大和魂

ニッカンの今日のニュースから。大関豪栄道「これからも大和魂を貫く」「大関豪栄道」が正式に決まった。日本相撲協会は30日、名古屋市の愛知県体育館で秋場所(9月14日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇豪栄道(28=…

書評「国技大相撲から日本人力士が消える」

今日は本の紹介。国技大相撲から日本人力士が消える(2007/09/15)池脇 恭雅商品詳細を見る先にこの本の沿革を書いておく。 2007年に出版された本なのだが、 出版社は「新風社」という自費出版詐欺でひところ問題になった会社。奥付を見ると、著者は行政書…

いまさらながら琴欧洲の引退について

琴欧洲、お父さん犬と土俵で対戦 ソフトバンクCMに出演(47ニュース)日本相撲協会は17日、ブルガリア出身の元大関、琴欧洲親方がソフトバンクのCM「白戸家」シリーズに出演したと発表した。18日から全国で放映される。CMでは、新定額料金サービ…

夏場所の新番付を眺めつつ

ブログの更新を長いことサボっていたら、まもなく夏場所。早い。リハビリがてら新しい番付をおさらい。 (◎新昇進、○再昇進、しこ名の右は先場所の地位、成績、番付の昇降)鶴竜の昇進でとうとうモンゴル3横綱の時代に突入。 日本の国技がこれでいいのか、…

十四日目

1敗対決は鶴竜に軍配●白鵬<東横綱12-2>(よりきり)鶴竜<東大関一・13-1>○鶴竜左右から突き起こして立てば白鵬右へ回りこんで右を差す、 鶴竜すかさず左の前ミツを引いて頭もつけ横綱の右差しを殺すと、 自らも右を差してあおりながら東土俵に寄り切る…

ゾウが押し合っているスポーツ

大砂嵐が外国特派員協会で会見(ニッカン)大相撲でエジプト出身の幕内大砂嵐(22=大嶽)が12日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で会見を行った。ボディービルから相撲に転向した少年時代、来日後の角界入りでの戸惑い、イスラム教徒としてのラマダ…

大人のコメントを

白鵬が初戦敗退「本場所が大事だから」(ニッカン)<日本大相撲トーナメント>◇9日◇東京・両国国技館初場所で28度目優勝の横綱白鵬(28=宮城野)が、初戦(2回戦)で平幕の佐田の富士に敗れる波乱。「ケガをしないように。本場所が大事だからね」と…

琴奨菊の捨て身の相撲が胸をうつ六日目

上手の取れない稀勢の里○稀勢の里<東大関4−2>(よりきり)勢<西前二・1−5>●立ち合い稀勢の里左を差して右おっつけて前へ出るが、 勢右へ回り込みながら向正面土俵際で右から突き落としをみせる、 稀勢の里よろめくも右手で渡しこみながら辛うじて寄…

琴欧洲のこと

大関復帰へ 琴欧洲奮起(毎日)大相撲の関脇・琴欧洲が、初場所での大関復帰を目指し、急ピッチで調整している。九州場所は左肩痛で2場所連続の途中休場を余儀なくされ、歴代単独4位の47場所も守った大関の座から降格。「初日までに、もう少し動ける実感…

大砂嵐が入幕

九州場所を2週間後にひかえ、新しい番付が発表された。目玉のひとつは新入幕、エジプト出身の大砂嵐。 前相撲からはじめて初土俵から10場所での入幕は、 常幸龍の9場所についで年6場所下史上2位のスピード出世。記者会見のようすをニッカンのサイトか…

ホーベルソンさんのこと

把瑠都ことカイド・ホーベルソンさんの引退について、今さらなのだが少し考えたい。その引退は非常に唐突なものに感じられた。まだやれるのに、という見る側の思いも当然あった。 加えて、大関まで上り詰めた人が現役引退と同時に、年寄にもならず角界を去っ…

結局阿覧は引退

9月場所の千秋楽後、記者団に 「もう相撲終わり」と引退を示唆するような発言をしていた阿覧。師匠からは否定するようなコメントがあり、 はてどうなることかと見ていたが、結局今日引退を表明。 報知の記事から。元関脇・阿覧が引退 秋場所千秋楽に「気持…

阿覧が引退?

相撲関連のニュースを見ていたら驚くような話題が。阿覧、引退示唆「相撲終わり」/秋場所(サンスポ)大相撲秋場所千秋楽(29日、両国国技館、観衆=1万605)東前頭7枚目の阿覧は若の里に寄り切られて12敗目。所属する三保ケ関部屋が今場所限りで…

千秋楽

豊真将は幕内復帰の場所で二桁勝利を目指し、臥牙丸と対戦。●臥牙丸<東前頭九・6−9>(よりきり)豊真将<西前頭十三・10−5>○臥牙丸突き起こして出るところ、 豊真将土俵際まで追い込まれつつもあてがい、前傾姿勢でよく残し、 まわしを引くと逆襲に…

善人は早死にする、ってことなのか、な

職場で休憩時間にtwitterを眺めていたら、「把瑠都引退」のニュース。 思わず「えっ」と声が出ました。 まだやってくれると思っていたのに。元大関の把瑠都が引退 「エストニアの怪人」も故障に勝てず(スポニチ) 大相撲の元大関で、巨体と怪力を生かして活…

日本人7年ぶりの優勝への秘策

常に話題となる、絶えて久しい日本人力士の幕ノ内最高優勝。 現時点で最後となっているのが、平成18(2006)年1月場所の大関栃東ですから、 以来7年半もファンは地団駄を踏みつづけていることになります。しかしそびえ立つモンゴル両横綱の牙城は、…

あの男

間の抜けた千秋楽から一夜明けて、白鵬が優勝会見。白鵬「あの男を超えて良かったなと」(ニッカン)大相撲名古屋場所で歴代単独3位となる通算26回目の優勝を飾った横綱白鵬(28=宮城野)が22日、名古屋市内のホテルで会見を行った。前夜の祝い酒が…

白鵬がモンゴル相撲大会参加を断念

半月前に話題となった、 白鵬が母国でのモンゴル相撲大会への参加に意欲を燃やしているという話。 結局立ち消えになったようです。ネット上に記事がないので、2日付けのスポーツ報知から手打ちで。白鵬母国大会衣装なく欠場(報知)横綱・白鵬(28)=宮城…

白鵬がモンゴル相撲に挑戦

今週火曜日の記事。白鵬 モンゴル相撲出る!?“二刀流”に協会困惑 (ニッカン)大相撲の横綱・白鵬(28=宮城野部屋)が10日、異例の二刀流挑戦を熱望した。26度目の優勝が懸かる名古屋場所(7月7日初日、愛知県体育館)に向け本格的な調整を始めた…

モンゴル人の名前について

wikiなどうろうろしていたら、 モンゴル人の名前についてちょっと面白い記述が。あちらの御国では、代々受け継ぐ家族の姓というのが無いらしい。 日本人は「佐藤―良男」といった感じで「家の姓―自分の名」と名乗るが、 モンゴル人は「父の名(事情によっては…