新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

2013年7月場所

あの男

間の抜けた千秋楽から一夜明けて、白鵬が優勝会見。白鵬「あの男を超えて良かったなと」(ニッカン)大相撲名古屋場所で歴代単独3位となる通算26回目の優勝を飾った横綱白鵬(28=宮城野)が22日、名古屋市内のホテルで会見を行った。前夜の祝い酒が…

尻すぼみの千秋楽

優勝も十三日目に早々と決まり、白鵬の連勝も昨日で途絶え、 大きな見所といえば、今日も勝てば来場所も綱とり継続となる、稀勢の里の取組くらいの千秋楽。 結びの三番から。 ○鶴竜<東大関二・9−6>(うわてなげ)琴欧洲<西大関二・9−6>●立ち合い琴欧…

十三日目

結局白鵬が優勝を決めてしまった。 痛めた右の脇腹には大きなテーピング。 琴欧洲にも十分勝機あり、と見込んでいたのだけれど。○白鵬<東横綱13−0>(よりきり)琴欧洲<西大関二・9−4>●立ち合い白鵬すばやく踏み込んで右を差した、 かと思うと今度は…

十二日目

結び前の一番で、白鵬に異変が。○白鵬<東横綱12−0>(うわてなげ)琴奨菊<西大関一・7−5>●立ち合い琴奨菊左を固めて立ち、白鵬の右差しを阻止。 ならばと白鵬ノド輪などで突き起こし、いなし、結局うまいこと右四つに。 苦しくなった琴奨菊が左から…

十一日目

勝ち越しかかる豊真将、今日の相手は29歳で今場所新十両の琴弥山。●豊真将<西十両六・7−4>(おしだし)琴弥山<西十両十四・5−6>○琴弥山は立ち合いから右のノド輪で豊真将を牽制。 豊真将がそれでも圧力をかけつつ、ノド輪をあてがって外して前に出…

九日目

豊真将の取組から。 今日の相手はモンゴル出身、初土俵から71場所で関取となった苦労人の鬼嵐。○豊真将<西十両六・7−2>(おしだし)鬼嵐<東十両十・2−7>●低い体勢の豊真将を突き起こそうとする鬼嵐。 豊真将俵に足がかかりながらも、下からあてが…

攻めの遅さも芸のうち、の八日目

中日、場所も折り返し。 幕内復帰を目指す豊真将。 今日の相手は同じ元三役の若荒雄。 突き押しからの引き技が得意だけに、さっさと捕まえたい。●豊真将<西十両六・6−2>(よりたおし)若荒雄<西十両十二・5−3>○立ち合い豊真将左の前ミツをすばやくつ…

七日目

豊真将、今日の相手は新十両、売り出し中の大砂嵐。 もちろん初顔。○豊真将<西十両六・6−1>(よりきり)大砂嵐<西十両九・4−3>●立ち合い豊真将、あっさりと左の前ミツを取る。 そのまま出し投げで泳がせて、右も差してまわしも引いて、まあ万全。 で…

九重部屋の怪我人の多さ

昨日6日目から、九重部屋の関取、千代の国と千代鳳がそれぞれ休場しています。 二人とも前日5日目の土俵上での怪我によるもの。千代の国は大きな碧山に寄られ、 右からすくい投げを試みたら軸となる左足が運べず、股割りのような格好に。 自力で動けず、最…

栃煌山は二人いる、の六日目

六日目、場所は中盤戦に突入。 豊真将、今日の相手は175センチ、突き押し相撲の鳰の湖。○豊真将<西十両六・5−1>(おくりだし)鳰の湖<西十両四・1−5>●小さな鳰の湖、豊真将を下から攻めようとするが、 186センチの豊真将も同じくらい頭を低く…

五日目

○豊真将(おしだし)誉富士●誉富士は立ち合いのぶちかましから前傾姿勢の豊真将をどうにか突き起こそうとするが、 豊真将下からあてがい落ち着いて対応、決して崩れない。 誉富士が攻め疲れた機を見て、さっと左にいなしてからの押し出し。格の違いといった…

四日目

○豊真将(おしだし)東龍●豊真将押し込んで、相手が左でまわしを取りに来たところ、 右の上手を難なく取って出し投げで泳がし、最後は押し出す。 ○鶴竜(つきおとし)妙義龍●妙義龍低い当たりから一気に押し込むと、 鶴竜たまらず、よびこむようにマトモに叩…

掟破りの張り差しで高安金星の三日目

○豊真将(おしだし)朝赤龍●立ち合い朝赤龍右へ変化するが、豊真将おちついて正対。 つきおこしながら左の下手を狙おうとする相手に、低く構えながら右おっつけで応戦。 最後はその右おっつけから右ハズ、左ノド輪で相手を起こして押し出す。wikiなど見てい…

二日目

幕内復帰を目指す豊真将、今日の相手は宮城野部屋の大喜鵬。個人的にこの大喜鵬という力士は好きになれない。 テレビで見る土俵上での振舞いや稽古場でのようすなどから、 立ち居振る舞いにどうも芝居くささが感じられる。 以前、風男塾について書いたエント…

暑い場所でもクールなキセ、の初日

名古屋場所がスタート。初日から満員御礼。 テレビで見ていても客席の熱気を感じる。 やっぱり日本人横綱の誕生を期待するファンが多いのだろう。 土俵入りではその稀勢の里と復帰の蒼国来にひときわ大きな拍手が。 ○安美錦(したてなげ)豪栄道●豪栄道立ち…

稀勢の里の綱とり

本場所まであと一週間。 出稽古や連合稽古もさかんになっているもよう。稀勢「身が引き締まる」パワースポットで気合注入(報知)大相撲名古屋場所(7月7日初日・愛知県体育館)で初の綱とりに挑む大関・稀勢の里(26)=鳴戸=が29日、名古屋市天白区…

名古屋場所の宿舎について

名古屋場所の宿舎情報を検索して、このサイトに来られる方が多いみたい。 なのですが、すいませんウチではあつかってません(笑)。 かわりにリンクを貼っておきます。大相撲名古屋場所宿舎早見表(中日新聞)新潟県在住の私にとっては遠い世界の話。 しかし…

名古屋場所番付発表

七月場所の番付が発表された。 あと2週間で本場所なのだ。 このあいだ五月場所が終わったばかりのような気がするのだけど。蒼国来は2年半ぶりの復帰。 もともと最高位が平幕13枚目の力士であるし、 そこに不幸なブランクが重なったわけだから、相当苦労…