新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

2014年5月場所

どうした白鵬

白鵬が異例の一夜明け会見キャンセル(東スポ)大相撲夏場所(東京・両国国技館)で29回目の優勝を果たした横綱白鵬(29=宮城野)が、26日の優勝一夜明け会見をキャンセルする異例の事態となった。関係者が千秋楽(25日)の深夜まで説得を試みたが…

千秋楽

1差で迎えた千秋楽、まずは追う側の稀勢の里勝利●鶴竜(つきだし)稀勢の里○稀勢の里立ち合い左をおっつけに行くが、鶴竜突き放して応戦、 ならばと稀勢の里も突いて出れば鶴竜右へいなす、 稀勢の里一瞬正面土俵に泳ぐも落ちついて正対し、 東土俵に鶴竜を…

十四日目

ここまで来るともう負けない○白鵬(よりきり)鶴竜●立ち合い白鵬左から張って右を差し、両まわしを引いて右四つがっぷり。 胸をあわせ万全の格好。 鶴竜左を巻き替え双差しを果たそうとするが、白鵬右肩をしっかり寄せて許さず。 左の上手投げでちょっと崩し…

十三日目

白鵬一敗を堅持、琴奨菊は来場所カド番に○白鵬(つきおとし)琴奨菊●琴奨菊立って左の前ミツをさぐるも白鵬右を差してこれを阻む、 左は琴奨菊の右差しを抱え込んでがっちり捕まえ、 相手の出てくるところ、土俵中央で左から突きおとす。今日は右四つ、左前…

白鵬ひとりにしてやられた十二日目

人のいいのとわるいのと○白鵬(よりきり)稀勢の里●二人がよくやってきた、時間前からの仕切りの駆け引きめいたものは今回はなし。 白鵬も稀勢の里も粛々と時間いっぱいまで仕切りを続ける。そして時間。 1度目、稀勢の里つっかけて立ち合い不成立。 2度目…

キセと白鵬が1敗でならぶ十一日目

1敗対決は稀勢の里が制す○稀勢の里(よりきり)勢●右四つの勢が立ち合いもろ差しを狙うが、 稀勢の里左からのおっつけで阻み得意の左四つに組み勝つ。 一呼吸置いたところで左下手を引き右からおっつけ、向正面に寄り切り完勝。今日も落ち着いていた稀勢の…

稀勢の里、ガッカリ先延ばしの十日目

遠藤6敗目も希望の持てる内容○千代大龍(はたきこみ)遠藤●遠藤立ち合い強く当たって右前みつ引くが千代大龍に切られ、 それでも前に出るところ、千代大龍右へ回り叩けば遠藤正面土俵に這う。立ち合い当たり負けしないようにと、いっぱいいっぱいの遠藤。 …

稀勢の里に早く負けてほしい九日目

白鵬は遠藤を電車道で下す○白鵬(おしだし)遠藤●白鵬立ち合い優って右を差す、遠藤これはいかんと左を巻き替えに行くハナ、 白鵬一気に前へ出て黒房下に押し出す。白鵬が立ち合いからの凄まじい圧力で遠藤を圧倒。 最後は重ね餅になって土俵下に転落すると…

ほんとに相撲好きのゲストを呼んでほしい中日八日目

本日のテレビ中継、ゲストはプロ野球解説者、もとヤクルトの宮本慎也さん。 小学生のころは千代の富士が好きで、相撲を熱心に見ていたらしい。 しかし最近はそうでもないようだ。こういう「昔は見ていたけど近頃は相撲もごぶさた」というゲストの場合、 たい…

千代鳳が横綱に初勝利の七日目

千代鳳横綱戦初勝利●鶴竜(おしだし)千代鳳○千代鳳低くあたって左ハズ、鶴竜得意の右回しが引けず、 あわてて右へまわり叩きをみせたところ、ここぞと千代鳳付け入って正面に押し出す。引きたくなるけど引いてはいかん、前には落ちぬ千代鳳。 鶴竜は痛恨の…

遠藤三度目の正直ならず、の六日目

松鳳山高安時間前に立つ○松鳳山(おしだし)高安●制限時間前から両者気合い十分、時間前に立ち上がる。 松鳳山猛然と突っ張って出れば、高安西土俵につまりながらも下からあてがって残し左へ回り込む、 正面まで来て高安いったん体を入れ替え押し返し右へは…

遠藤初金星、の四日目

遠藤、鶴竜相手に初金星●鶴竜(よりたおし)遠藤○立ち合いに優った遠藤、 突いて出てからの二本差しで鶴竜を東土俵に寄り詰めれば、 鶴竜右から小手に振って逃れようと土俵を半周、 しかし遠藤足を送ってしっかりと付いていき、最後は向正面に寄り倒す。遠藤…

どこか絵になる浅香山審判、の三日目

本日の幕内後半戦、なんと向正面時計係審判の席に元魁皇、浅香山親方の姿が。 そういえば今場所から審判部に入ったとニュースにあったっけ。黒の紋付を着て、さっと右手をあげ時間いっぱいをつげる姿も堂に入ったもの。 まるで10年以上やっているような貫…

二日目

今日のテレビ中継、向正面解説はもと北勝力の谷川親方。 個性的な解説振り、私は嫌いじゃなかったのだが、最近はどうも出るたびその色が薄れているような。3年前のデビューの際のインパクトは大きかっただけに、 さいきんの「らしさ」を失った話しぶりは残…

初日

夏場所が始まった。テレビ中継、本日解説の北の富士さん。 モンゴル三横綱の時代となり、日本人ぜひ奮起をとの話題となって。「まあわたしが解説やっている間に… いや生きている間に日本人の横綱が誕生してくれるかどうか…」御年72歳、かなり悲観的なコメ…

場所前のようす

あさってから夏場所。直前のようすをいくつかスクラップ。 まずは遠藤。遠藤、稽古で驚異の80番 入門後最高!(デイリー)東前頭4枚目のホープ遠藤(23)=追手風=が8日、埼玉県草加市の追手風部屋で稽古し、入門後最高となる80番をこなした。普段な…

夏場所の新番付を眺めつつ

ブログの更新を長いことサボっていたら、まもなく夏場所。早い。リハビリがてら新しい番付をおさらい。 (◎新昇進、○再昇進、しこ名の右は先場所の地位、成績、番付の昇降)鶴竜の昇進でとうとうモンゴル3横綱の時代に突入。 日本の国技がこれでいいのか、…