新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

2015年5月場所

千秋楽

宝富士が9勝目、来場所の新三役は確定的 ○宝富士<東前一・9-6>(よりきり)勢<東前十・10-5>● 宝富士左、勢右のケンカ四つ。立ち合い激しい差し手争いから勢右でかっぱじくも、宝富士左を差し勝ち、下手を引いて向正面に寄り立てる。勢俵に詰まりながら右へ…

十四日目

宝富士が勝ち越し、されど混沌の三役争い ○宝富士<東前一・8-6>(したてなげ)隠岐の海<西前十・9-5>● 立って左四つ、先に上手を引いたのは隠岐の海。宝富士はやや半身でじっと我慢。隠岐の海じっくりと体勢を整え、いざ勝負と西土俵へ攻め込むところ、宝富…

十三日目

宝富士勝ち越しにリーチ ○宝富士<東前一・7-6>(こてなげ)豊ノ島<東前二・4-9>● 立ち合い豊ノ島得意の二本差し、しかし出足に優る宝富士、両腕で挟みつけて構わず前へ出ると、左へ回り込む相手を正面に攻め立て、左小手投げで仕留める。 相手十分の形になり…

十二日目

宝富士、星を五分に戻す ○宝富士<東前一・6-6>(つきおとし)臥牙丸<東前六・5-7>● 宝富士立ち合い左差しを狙うが、臥牙丸右おっつけで阻み青房に押し込む。しかし宝富士余裕をもって残し、右へ回り込んで正面で右から突き落とす。 宝富士は過去5戦5勝の相…

十一日目

遠藤が3勝目 ●豪風<東前八・5-6>(おしだし)遠藤<西前九・3-8>○ 遠藤立ち合いから突いて出れば豪風右へいなす。左へ左へ逃げる相手を遠藤見ながら突いて追い、最後は黒房に押し出す。 9日目に負け越しが決まってから、遠藤は2連勝。前半に目立った左足を…

十日目

臥牙丸歓喜の初金星 ○臥牙丸<東前六・4-6>(おしだし)日馬富士<西横綱7-3>● 立ち合い一度目は日馬富士のフライングで不成立。二度目で成立。日馬富士左ノド輪で臥牙丸を起こそうとするが、足が前に出ず。逆に臥牙丸が踏み込んで右からその腕をおっつければ…

九日目

宝富士4敗目 ○栃煌山<東小結4-5>(おしたおし)宝富士<東前一・5-4>● 立ち合い栃煌山左ハズ右おっつけで宝富士の左差しを封じ、右へいなして相手の出るところをちょっと突きたて二本差し。正面へ攻め込み宝富士が右へ回り込むのを押し倒して破る。 直近3場…

八日目

不戦勝の場合の懸賞金の扱い 本日のお目当て、白鵬ー大砂嵐戦は大砂嵐の休場で白鵬が不戦勝となった。知らなかった人が多かったらしく、場内アナウンスの瞬間、客席は悲鳴交じりの凄まじいどよめき。しかし不戦勝でこれほど声が上がるのも久しぶりのことだ。…

七日目

宝富士が妙義龍を圧倒 ○宝富士<東前一・4-3>(よりきり)妙義龍<西関脇3-4>● 妙義龍立ち合い低く当たるも、宝富士胸でどっしり受け止め、差してきた相手の右を左から引っかけ気味に振って左を差す。右からはおっつけて正面に攻めこみ、一方的に寄り切る。 連…

宝富士の出足が光る六日目

平幕相手に格の違いを見せつける宝富士 ○宝富士<東前一・3-3>(よりきり)玉鷲<西前四・2-4>● 玉鷲双手で突いて立つも、宝富士物ともせずに出足で圧倒。左からおっつければ玉鷲簡単に横を向き、青房下に寄り切る。 先場所あたりは同じ相手の突っ張りにずいぶ…

五日目

元付け人へ捧ぐ金星を粉砕する、白鵬の身体能力 ○白鵬<東横綱4-1>(つきおとし)安美錦<西前二・1-4>● 白鵬右カチアゲで立って西土俵へ突いて出れば、安美錦土俵を左へ半周して回り込む。赤房下に追い詰められたところで潜り、右でマワシを引くと、白鵬腰を…

三日目

差して行って良かったのか栃煌山 ○照ノ富士<東関脇2-1>(よりきり)栃煌山<東小結0-3>● 照ノ富士右から張って立つも、栃煌山負けずに得意の二本差し。しかし照ノ富士、なんのと左から小手に振って右を差し、体を入れ替え上手も引いて赤房に簡単に寄り切る。 …

二日目

遠藤2連敗 ●遠藤<西前九・0-2>(おしだし)高安<西前8・2-0>○ 互角の突っ張りあいから高安右へいなし、右から張り手を繰り出せば遠藤あっさり後退。さらに高安が右から突けば遠藤簡単に横を向き、赤房に押し出された。 遠藤昨日よりは前に出た。しかし相手…

白鵬3年ぶり黒星スタートの初日

(旧ブログから来られた方へ。新しいブログの書き方に管理人未だ不慣れで、若干お見苦しい点があります。そのうち覚えると思いますので、笑って許してやってください) 夏場所が始まった。初日は結びの一番で、白鵬が今場所小結の逸ノ城に敗れる波乱。他の横…