新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

ダグワドルジさんの近況

現役時代から、母国でビジネスを手がけているという話はあったが、
こういう姿を見たのは個人的には初めて。
(リンク先に動画もあり)

モンゴルの実業界でも成功目指す 元朝青龍にインタビュー(CNN)

(CNN) 元横綱朝青龍で、現在はモンゴルの実業家として知られるドルゴルスレン・ダグワドルジさん(30)はこのほど、CNNのインタビューに答え、実業家として成功したいと野望を語った。ダグワドルジさんは、日本で15年にわたって相撲界に君臨したものの、その言動で物議を醸し、2010年に暴行事件を起こし引退。母国で実業家としての第2の人生を歩み始めている。

日本では悪評も付きまとったが、モンゴルでこれほどの有名人はほかにいない。地元の人たちに「チャンプ」と呼ばれる英雄、ダグワドルジさんは「私の世代全体がモンゴルの開放を経験した。この新しい自由な国にいられることは素晴らしいと感じる」と母国への思いを語る。

体型は力士時代に比べるとスリムになったが、成功を目指す意欲に衰えはない。「世界的に有名な億万長者になれるかどうか、予想するのは難しい」としながらも、「相撲とビジネスは世界がまったく違うけれど、私の野心は大きなビジネスマンになることだ。私たちは誰もが成功のために努力しなければならない。特にモンゴルにはこれほど明るい未来があるのだから」と期待を膨らませる。

モンゴルは約20年前に社会主義を放棄し、経済、政治改革を断行した。鉱物資源の豊かさによって経済成長が促進され、その富はダグワドルジさんのような実業家に潜在的なチャンスをもたらしている。

ダグワドルジさんは首都ウランバートルでサーカスを運営し、住宅と娯楽の大規模複合商業施設を建設するプロジェクトにも関与する。その資金調達のために自ら投資銀行を設立した。

いつか大統領になる可能性について質問すると、笑いながら「もしかしたら」と答え、否定はしなかった。

ネクタイ締めてPCを操り、
記者には英語で自分の手がける施設を案内するダグワドルジさん。

角界に残っていればやり手の理事になったかな、とつい考えてしまうが、
おそらく日本人には首をかしげたくなるようなアイデアばかり出して、
また揉め事を起こしていることだろう。
結局大相撲の世界はこの人には狭すぎたのだな。