新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

豊真将、幕内復帰

9月場所の新番付も発表されて、大相撲はいよいよ秋モード。

先場所、西十両6枚目で9勝6敗の星だった豊真将は、
再入幕をはたし西前頭13枚目に大躍進。

勝ち越し3点で9枚アップという儲けものの昇進(原則的には1点で1枚アップ)は、
豊真将より上の十両上位陣の大半が負け越してくれたからである。
ラッキーといえばラッキーだが、地力を考えれば当然とも思う。

もちろん満身創痍の現状で、どこまで地力を発揮できるかが問題なのだけれど。
今週なかごろの記事。

幕内復帰の豊真将、初日「倍返し」誓う(ニッカン

大相撲秋場所(15日初日、両国国技館)で4場所ぶりに幕内復帰する西前頭13枚目の豊真将(32=錣山)が3日、東京・江東区の錣山部屋で稽古を行った。

すり足やてっぽうなどで十分に汗をかいたあと、三段目力士と11番相撲をとった。昨年11月に左肩腱板(けんばん)断裂の重傷を負い手術。初場所、春場所を全休し、西十両14枚目まで番付が下がっただけに「5月の夏場所も見切り発車だった。こんなに早く幕内に戻れると思わなかった。ケガしていた時には応援の声が励みになったので、その人たちのためにも頑張らないと」と話した。初日は東前頭13枚目の遠藤との対戦が有力。先場所は敗れているだけに「倍返しします」と誓っていた。

「倍返し」なんて流行語を豊真将が本当に言ったのかどうか、怪しい記事だ。
しかし先場所、遠藤との千秋楽の対戦
相手の突っ張りに一方的に後退し、最後は土俵際突き放されて尻から落ちるという醜態を見せてしまった。
ついこの間まで学生だった相手に、元三役としての沽券にかかわる相撲をとってしまった。

そんな相手と初日から対戦、となると先場所千秋楽、今場所初日と連続対戦。
最短距離でのリターンマッチとなる。
今をときめく遠藤の幕内デビューでもあり、俄然世間の注目度は高い。
ルーキーに意地をみせて、逆におのれの復活をアピールできるだろうか。