新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

今さらながら九州場所の総括を(1)

九州場所が終わって2週間も経つが、かなり遅めの総括。

低迷久しかった横綱日馬富士が今場所は好調、初日から横綱白鵬と共に順調に白星を並べ、
終盤大関稀勢の里に星を落としたものの、やはり稀勢の里に敗れた白鵬と1敗で千秋楽を迎え、
結びの一番を制して5場所ぶり6度目の優勝を果たした。

…と、優勝争いを軸にまとめてしまえば今場所の主役は日馬富士だったことになるのだが、
個人的にはどうしたって稀勢の里の場所だった。

序盤で安美錦、中盤で豪栄道に取りこぼしはあったものの、
終盤では両横綱を相次いで打ち破る活躍をみせ13勝2敗、優勝に準ずる好成績。
内容も、これまでは突き押しの相撲はよくてもマワシを引いた四つ身の相撲に難があった。
しかし今場所は組んでよし離れてよしといった自在の取り口。幅の広がりを感じさせた。
北の湖理事長も来場所13勝以上の優勝ならばと昇進を明言。
さあ来場所は綱取りだ。

と思いたいところだが、ここで軽々しくそれいけ稀勢の里と勇んでしまうのは、
相撲ファンとしておのれの学習能力の無さを露呈するばかりだ。
よく言えばマイペース、悪く言えばKY、近頃ではMrガッカリなどという仇名まで頂戴している彼が、
そう簡単に横綱を張れるわけがない。
安易に夢を見てはならない、
それが稀勢の里に対して相撲好きが取るべき作法であり、慎みというものだ。

だからどんなに間違っても、

1月場所でも横綱2人倒して初優勝だとか、
春場所で新横綱だ嬉しいなとか、
土俵入りは不知火二人もいるから雲竜型になるのだろうなとか、
教えるのは一門の大乃国の芝田山さんかなとか、
ほんとは貴乃花さんだとニュースバリューありそうだけど一門出ちゃったししょうがないよねとか、
太刀持ち高安・露払い若の里はグッと来る絵になりそうだ嗚呼先代に見せたかったとか、
若の里がんばって幕内に戻れ、けどきっと本人もその積りだろうなとか、



…そんなことは、そんなことは決して考えてはいけないのだ!
ダメだ、絶対に考えないぞ!(涙)