新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

場所まであと1週間

初場所まで1週間を切った。

日馬が初場所に不安「自分の体と相談」(ニッカン)

左足首痛を抱える横綱日馬富士が5日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で9番取ったが、本来の立ち合いの鋭さはなく、2場所連続優勝が懸かる大相撲初場所に向けて大きな不安を残した。

師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)によると、先月下旬に負傷して以来、初めての相撲という。

幕内宝富士と2番取った後に「痛い」とうなって顔をしかめ、足を引きずって休むなど状況は芳しくない。喉輪での突き放しに終始し、本来の頭から当たる取り口はなかった。横綱は「自分の体と相談してやるしかない」と言葉少なだった。

本場所へ残り1週間と時間が限られている。師匠は「(状態は)厳しい」と話した。

[2014年1月5日17時38分]

あまりまともに相撲の取れる状態ではなさそう。
本番までどこまで持ってこれるか。

稀勢の里 21勝3敗の出来に納得(ニッカン)

大相撲の初場所(12日初日、両国国技館)で綱とりに挑む大関稀勢の里(27=田子ノ浦)は5日、東京・江東区の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古で汗を流した。

幕内豪風(34=尾車)と16番続けて取った後、出稽古に訪れた幕内魁聖(27=友綱)とも連続で8番取った。計21勝3敗の出来に「昨日(の連合稽古)よりいいね。状態は良くなっている」と、無精ひげを蓄えた姿で、満足げにうなずいていた。

[2014年1月5日13時43分]

こちらはまずまずか。
この先のオーバーワークがちょっと心配だけど。