新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

八日目

本日中継のなかで、
東の花道を行き来する元NHKアナ、杉山邦博さんのお姿が。

毎日客席のどこかにお見受けする方だが、
この人はいまどこのメディアに出ているんだろう。
自分のみたところ特に連載やレギュラーの類も持っていないように思うのだけど。

稀勢の里の綱取りや遠藤の将来性など、
この人はどう見ているか、聞いてみたい気がする。

そんな中日八日目、今日で場所も折り返し。



琴欧洲5勝目

●豪風<西前四・5−3>(よりきり)琴欧洲<西関脇5−3>○

豪風突いて中に入ろうとするが、琴欧洲右から抱え込んで小手投げで崩し、
左の上手を肩越しに引いてつかまえる。
右は上手まわしを引きなおして両側から挟みつけて寄り切る。

琴欧洲が小さな相手に大きな相撲で勝利。
今場所の琴欧洲は小さな相手に強く、大きな相手に弱い。いつもと逆だ。
それでも大関復帰まであと五つ。道は険しい。



琴奨菊は注文相撲でこちらも5勝目

○琴奨菊<西大関二・5−3>(はたきこみ)碧山<西小結5−3>●

碧山立ち合い頭から行ったが、琴奨菊一発当たって左へ変わり叩きこむ。

手負いの琴奨菊が注文相撲。
昨日されたことを今日は自らやってみせたような。
カド番脱出まであと三つ。



稀勢の里3敗、「綱取り」は完全消滅

●稀勢の里<東大関5−3>(よりきり)栃煌山<西小結5−3>○

立ち合いで二本入った栃煌山、稀勢の里が左を巻き変えにいく機をみて、
白房下に寄り切る。

稀勢の里はこれで3敗。
先場所北の湖理事長から13勝以上の優勝、というお題が出ていたので、
これを基準と考えれば「綱取り」は終わったことになる。

前半2敗はしたが、少し持ち直してきたようにも見えた、というか見たかったが。
それはやっぱり贔屓目だった。

まあ可能性がなくなって、プレッシャーも消え、
ここから本領を発揮してくれるだろう。