新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

初日

春場所が始まった。



遠藤は鶴竜に惜敗

○鶴竜<東大関1-0>(はたきこみ)遠藤<東前一・0-1>●

立ち合い遠藤は得意の左を差しに行かず、突き放しを選択。
鶴竜は右のマワシに手がかかったものの切られ、
さらに右へ回り込む遠藤の動きに大いに面食らう。

遠藤白房下に鶴竜を泳がせ勝負とばかり突っ込んでいったが、
鶴竜間一髪右へ体を開けば遠藤は横転。

右と左のケンカ四つで、場所前の出稽古では遠藤が差し負けてチンチンにやられていた。
鶴竜の頭の中にはそのイメージがあり、本番でも当然四つに組んでくるはずと踏んでいただろう。
それを見越して本場所では離れた相撲をチョイスした、遠藤の勝負勘の良さが光った。



不安の残る日馬富士

●豊ノ島<東小結0-1>(くびなげ)日馬富士<西横綱1-0>○

日馬富士左ノドワで追いつめるも、豊ノ島土俵際で二本入り左のカイナを返す。
ままよと日馬富士、返された右で首投げを打って何とかねじ伏せる。

先場所全休で、今場所前もあまり調子の良くない様子であった日馬富士。
復帰第一戦となった今日の相撲も腰の高さが目立った。
明日二日目は遠藤の横綱初挑戦を受けて立つわけだが、
このコンディションではよもやの展開も考えられなくはない。



新入幕の照ノ富士が豪快な相撲

●妙義龍<東前十・0-1>(きめだし)照ノ富士<西前十・1-0>○

妙義龍二本入って正面に寄り詰めるが、照ノ富士両腕で極めて左へ振り回し、
青房下に極め出す。

新入幕の照ノ富士が、上位経験豊富な妙義龍を大きな相撲で破る。
191センチ、179キロの末恐ろしい巨漢。

しかし妙義龍のようにクラシカルな相撲を取る日本人が、
スケールの大きな外国出身の新人にこうあっさり負けてしまうのを見るのは、何とも物悲しい。