新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

七日目

大砂嵐七連勝

○大砂嵐<東前十一・7−0>(つきおとし)舛ノ山<西前十四・4−3>●

大砂嵐立って右カチアゲから右前まわしをつかみかけるも、
舛ノ山左をねじこんで前へ、
大砂嵐すかさず右へ体をひらき突き落とす。

大砂嵐は左を差すとやっかいな舛ノ山に対し、
右の前まわしを下からとってこれを封じようとした。
結局とれなかったものの、相手の強引な攻めを誘発して上手く料理した印象。

今場所の大砂嵐は、まわしを下から丁寧に取ろうとする姿勢が見られる。
体さばきもこれまでの直線的なものに限らず、横への動きにも進歩が見られて頼もしい。



遠藤、先場所に引きつづき琴欧洲を破る

○遠藤<東前筆頭3−4>(はたきこみ)琴欧洲<西関脇1−6>●

立ち合い遠藤モロテで琴欧洲を突き起こし、
即座に左へ開きはたきこむ。

遠藤は五日目の稀勢の里戦からこれで3連勝。
立ち合いまわしを引きに行かず、離れた相撲で勝負したのが功を奏した。

一方の琴欧洲は初日勝って以降、二日目から6連敗。
腰の高さ、相手の引きにもバッタリ落ちるなど、下半身のもろさが今場所は目立つ。
急に衰えてきたように見える。



稀勢の里連敗を2で止める

○稀勢の里<東大関二・5−2>(こてなげ)豊ノ島<東小結3−4>●

立って豊ノ島二本入り前へ出るハナ、
稀勢の里左から小手に巻いて投げをうつ。

勝つには勝ったが、という稀勢の里の相撲。
脇の甘さは相変わらずでいただけない。



両横綱は安泰で共に全勝をキープ。
これに平幕の大砂嵐を加えた三人が今のところ勝ちっぱなし。
1敗が鶴竜、豪栄道の二人、という状況。