新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

横綱も大変だワン

鶴竜、貴親方の指導で雲竜型土俵入り稽古(スポニチ)

第71代の新横綱に昇進した鶴竜(28=井筒)が締める新しい「綱」が27日、完成した。大阪市西成区の井筒部屋宿舎で、時津風一門の関取衆や若い衆らが集まって「綱打ち」を実施。約2時間半で1本の綱ができあがった。初めて綱打ちを目にした鶴竜は「こうやってつくるんだなと思いました」と目を輝かせた。

その真新しい綱を締めると、今度は貴乃花親方(元横綱)の指導を受けて、朝青龍以来となる雲竜型の土俵入りを稽古。せり上がりや四股などを丹念に繰り返した。北の湖理事長(元横綱)から借り受けた三つぞろいの化粧まわしを締めて、太刀持ちに勢(27=伊勢ノ海)、露払いに鏡桜(26=鏡山)を従えて本番同様に稽古した。

鶴竜は「見るのとやるのでは、また違う。ちょっと緊張して、ちょっと間違えちゃいました」と苦笑い。それでも、自身の昔を「思い出しながら」指導したという貴乃花親方は「のみこみはいいですよ。さすがですね」とほめていた。

28日に、東京・明治神宮で新横綱の推挙式と奉納土俵入りが行われ、鶴竜が初めての雲竜型を披露する。

動画が出ていた。up主の方に感謝します。ありがとうございます。


どうも貴乃花親方はせり上がりの部分に相当こだわりがあるようす。
自分だってそんなに上手じゃなかったくせに。

まあそれは冗談。
思った以上に綱の似合う鶴竜。
良い土俵入りを期待!