新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

稀勢の里に早く負けてほしい九日目

白鵬は遠藤を電車道で下す

○白鵬<東横綱9−0>(おしだし)遠藤<東前頭四・4−5>●

白鵬立ち合い優って右を差す、遠藤これはいかんと左を巻き替えに行くハナ、
白鵬一気に前へ出て黒房下に押し出す。

白鵬が立ち合いからの凄まじい圧力で遠藤を圧倒。
最後は重ね餅になって土俵下に転落するという勢いだった。

受けて立って四つに行き巻き替えて…
という悠長な攻めでは到底現状勝ち目はなかった遠藤。
まあ日々勉強。



ドツボにはまったか鶴竜3敗目

●鶴竜<東横綱二・6−3>(はたきこみ)栃煌山<西関脇6−3>○

立ち合い栃煌山は鶴竜の右差しを左のおっつけで阻むと、
すかさず体を右に開きはたきこめば、鶴竜あっさり土俵に這う。

自分がはたいて勝つことは多いが、はたかれて負けるのは珍しい鶴竜。
昨日の宝富士戦、2敗と追い込まれて立ち合い変化に逃げ、観衆のブーイングを喰らっている。
今日こそは攻めの相撲を、という意識が過剰になって、
頭から突っ込むような「らしからぬ」立ち合いになった。
ちょっとドツボにはまってしまった観がある。



全勝白鵬、1敗で稀勢の里、勢の展開。

稀勢の里は中に入って攻めたてる嘉風にまわしが引けず、
相当手こずったが最後は組み止めて寄り倒す。
いよいよ今日こそ負けるかと見ていたが、負けなかった。
この人に優勝の芽があるとつい期待してしまうが、かならず裏切られる。
だからさっさと負けこんで見るものを楽にしてほしいのだが。

十日目の相手は琴奨菊。
この一年は稀勢の里の不戦敗をのぞけば2勝2敗の五分と難敵である。
今度こそ負けるだろう。