新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

七日目

中継を見ていたら向正面の溜席に何代か前の庄之助さんがおられた。
…というかあのお顔は多分そうだったと思うのだが、今一つ確信が持てない。
烏帽子を被ってないと今一つ分からないのだよな。
そんな七日目。



豊ノ島見事なうっちゃりで館内を湧かす

●鏡桜<東前十四・3-4>(うっちゃり)豊ノ島<西前十・5-2>○

立ち合い豊ノ島二本差して前に出れば、
鏡桜左へいなして体を入れ替え寄って出るも、
豊ノ島東土俵際で再び二本差して右へうっちゃる。

豊ノ島はまわしは引けなかったが、相手を脇腹あたりから引っこ抜くように抱え、
滞空時間の長いうっちゃりを決めた。
華のある相撲に館内大拍手。

先場所は腰を痛め場所終盤で途中休場。
しかし今場所は今日のようなうっちゃり、あるいは東龍戦の吊り出しなど、
腰に悪そうな相撲ばかりとって順調な回復振りを見せている。



遠藤3勝目

●宝富士<東前九・3-4>(よりきり)遠藤<東前五・3-4>○

遠藤立ち合い突いて出て左を差せば、
宝富士右へ叩くも、遠藤機に乗じ右を差し、行司だまりに寄り切る。

遠藤は立ち合い差しに行かず、まずは突っ張りを選択。
先場所、先々場所もみせた取り口だが、この方が安心して見ていられる。

もっとも当たりの強さがさほど無い相手だっただけに通用した面もある。
明日は強烈な突進力を見せる千代大龍との対戦で、現在2連敗中。
さてどうなるか。



テーピングも痛々しい栃煌山

○勢<東前一・2-5>(おしだし)栃煌山<西関脇2-5>●

栃煌山左かち上げに立って右に回り込み上手を引くが、
勢よく正対して押し込み向正面に押し出す。

栃煌山は今日から左の肩に大きなテーピングを巻いて登場。

左から右と二本差す取り口だけに、
左を怪我してはハナから自分の形にもっていけない。
今日も右腕一本で出し投げでも打とうと思ったのだろうが、
まるで相撲にならなかった。

ここ3場所は三役で11勝、9勝、10勝と好成績で、大関も狙えるレベルに来ているのだが、
それだけに今回のケガは残念。



豪栄道が大砂嵐を一蹴

○豪栄道<東関脇5-2>(よりきり)大砂嵐<西前三・4-3>●

豪栄道左にちょっとずれながら立って大砂嵐の右かち上げを巧みにそらし、
左の下手を引くと一気に西土俵に走り寄り切る。

立ち合いの角度をちょっと工夫すれば、上位の力士なら難なく防げる大砂嵐のかち上げ。
豪風も豪栄道もできたことが鶴竜や日馬富士にはできず、
無理な相撲を取って自滅したというのが面白い。
このあたりが横綱にかかるプレッシャーか。



横綱大関陣は波乱なし。

全勝は白鵬、琴奨菊、高安。
1敗が鶴竜、稀勢の里、千代丸。

高安は久しぶりに元気である。



ちなみに白鵬の汗は相変わらず。
昨日のお達しもあって今日はよっぽど拭くかと思ったが、
胸の下をちょっと拭っただけ。いつもと大して変りない。
もうみんな白鵬にはヌルヌルのまんま飛びかかっていいよ。