新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

二日目

新大関の豪栄道は、割の組まれていた豊ノ島が今日から休場。
大関初白星が不戦勝ということになった。



稀勢の里早くも土

●稀勢の里<西大関1−1>(はたきこみ)碧山<東前三・2−0>○

碧山頭から一発低く当たれば、
稀勢の里胸で受けつつも何のと押し返すところ、
碧山正面に下がりながら右へ回り込みつつ叩きこめば、
稀勢の里あっさり土俵に這う。

二日目に早々と負けた稀勢の里。
まあいつものことではあるのだが。
まわしを変えれば少しは気持ちも変わるかと思ったが、
やっぱり中身は変わらないらしい。
何だかなあもう。



遠藤ちょっとだけ進歩

○白鵬<東横綱2−0>(はたきこみ)遠藤<西前筆頭0−2>●

遠藤左を固めて立ち突いて出れば、
白鵬赤房に下がりつつも左へ回り込み冷静に叩きこむ。

横綱はだいぶ余裕があったから遠藤善戦とは言えない。
それでも過去2戦よりはいくらか相撲を取らせてもらえたから、
まあ悪くはなかった。



照ノ富士健闘

●照ノ富士<東前筆頭1−1>(くびなげ)鶴竜<西横綱2−0>○

立ち合い鶴竜左の上手を引き、前に出ながら二本差しとなれば、
行司だまりに寄り詰める。
照ノ富士これを重い腰で残してかんぬきに堪えると、
鶴竜たまらず右を抜く、
しめたと照ノ富士左を差しカイナを返せば鶴竜右はバンザイ、
照ノ富士正面に寄って出るも鶴竜バンザイの右を首に巻き、
投げを打って辛勝。

照ノ富士は大きな相撲で横綱を苦しめた。
この人の腰の重さ、左のカイナを返したときの迫力はやはり凄い。
今日は最後、右からの攻めがお留守で横綱の投げを食ったが、
立場が逆転するのは時間の問題のようにも見える。



勢が魁聖相手に立ち合い、両手を同時にちょんと付いて立っていた。
いつもこうだったか、違うような気がするのだが。
あまり注意して見てこなかったので分からないが、
あとで過去の録画でも見て確かめたい。

こういうときにアライビラさんの動画が見られると便利なのだが。