新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

栃ノ心の意地を粉砕する照ノ富士、の七日目

照ノ富士、力くらべに臨んだ栃ノ心を返り討ち

○照ノ富士<東関脇7−0>(よりきり)栃ノ心<西前四・4−3>●

立つやいきなりがっぷり右四つ、
互いに両マワシを引き合い、栃ノ心は頭もつけず力比べに持ち込む。
望むところと照ノ富士、腰を落としてグイと引き付け合えば、
見る見る伸びる栃ノ心の腰、
棒立ちとなったところを照ノ富士、黒房下にあっさり寄り切って初日から7連勝。

場所の主役となりつつあるルーキーに、
初顔の栃ノ心がどう臨むか注目されたが、真っ向からの力勝負を選択。
その心意気は良かったが、照ノ富士の巨体は中堅力士の意地など物ともせず。
あっさりと返り討ち。

取組後の栃ノ心、花道を下がりながら「重い」の一言だったとか。



豪栄道、難敵逸ノ城を降し連敗ストップ

●逸ノ城<西前一・4−3>(よりきり)豪栄道<西大関5−2>○

立ち合い豪栄道右から突いて逸ノ城の左上手を牽制、
先に上手を引くと投げて泳がせ逸ノ城の右腰に食いつき、相手の上手を遠ざける。
下手一本の逸ノ城は覆いかぶさる格好で再三左手を伸ばすも、
豪栄道は左からの投げ、さらには捻りで巧みに阻んで、
最後は差し手を返し黒房に寄り切る。

先に上手を引いた豪栄道。
逸ノ城の圧力を横へ逃がしながら、終始徹底して相手の上手を嫌い続けた。
こう上手く取られては、逸ノ城もなすすべが無い。



横綱大関陣は安泰。
全勝白鵬、照ノ富士と、今場所東六枚目の安美錦。
1敗が日馬富士と、今場所東5枚目の豊ノ島。

ちなみに全敗しているのが高安と松鳳山。
高安は東の3枚目で、連日上位が相手なので分からなくもない。
首をかしげてしまうのが松鳳山。

今場所は東8枚目で、地力から言えばそう負けが込む地位とは思えない。
最近は突き押しにかつてほどの威力が感じられなくなってきた。
どこか若手のイメージがあったが、意外にもう31歳である。
若干衰えがあるのかも知れない。

攻め込んでおいて土俵際で逆転を喰らうケースが今場所は目立つ。
焦らずに勝ち星をつかんでほしい。