新型犬型相撲日録

元木村山の前髪

先輩に恵まれない宝富士、の十三日目

全勝白鵬、2敗照ノ富士の直接対決を照ノ富士が制し、
白鵬の優勝決定はお預けに。

14日目白鵬の相手は稀勢の里、照ノ富士は逸ノ城。
白鵬が勝ち、照ノ富士が負ければ白鵬の優勝が決まる。

稀勢の里にとっては久々に、おのれのKYパワーを発揮するチャンス。
降ってわいたこの機会に豪快な負けっぷりをさらし、
「これぞ稀勢の里」という処を見せつけたい。



照ノ富士、白鵬に初勝利

●白鵬<東横綱12−1>(よりきり)照ノ富士<東関脇11−2>○

立ち合い照ノ富士優勢、右から張って左をのぞかせるが、
白鵬突き放して距離を取り、右四つに。
しかし勢に優る照ノ富士、先に上手を引いて赤房に寄り立て、
白鵬が下手投げで回り込んで残すところ、
土俵中央巨体を低くし頭をつけ、右を返して白鵬に上手を与えず。
苦しい白鵬、再度下手投げで崩し上手を伺うが、逆に呼び込む形。
ここぞと照ノ富士上手から引き付け胸をあわせ、
堂々西土俵に横綱を寄り切った。

横綱相手に物怖じせず、張り差しを敢行した照ノ富士。
裏をかいて左四つ狙いの目論見こそ崩れたが、
先に上手を引く結果となり、終始自分のペースで相撲を取り切った。

白鵬は過去3戦全勝で、やや甘く見ていたきらいがあった。
照ノ富士が頭をつけた際には「おや、ここまでやるのか」と思ったのではあるまいか。

もっとも仕切りの際から比較的淡々とした表情ではあった。
2差が1差に縮まったところで、
残り2日の相手(稀勢の里・日馬富士)を考えれば、自分の優位に変わりはない。
ひとつ成長ぶりをみてやろう、そんな相撲にも見えた。

敗れて花道を下がる顔も落ちついたもの。
大したショックはなさそうであった。
さて万一決定戦になったらどう行こうか、大体わかったぞ。
勝手な忖度だが、そんな表情にも映った。



宝富士、勝ち越しリーチ

●玉鷲<東小結4−9>(おしだし)宝富士<西前二・7−6>○

宝富士左差しを狙って立つが、玉鷲激しく突っ張って阻むと、
双手を相手の肩口にあてて牽制、宝富士それをおっつける格好でしばし静止。
互いに相手の出方を伺う。
機をみて宝富士、右から強烈におっつけておいて左からかっぱじけば、玉鷲完全に横を向く。
宝富士してやったりと西土俵に押し出す。

中に入ろうとする相手を長いリーチで焦らす、玉鷲お得意の戦法。
しかし宝富士その手には乗らず。冷静に打ち取った。

今場所新三役東小結の玉鷲はこれで9敗、1場所での平幕Uターンが確定。
代わって三役を狙う宝富士が引きずりおろす形となったのだが…



宝富士の敵は身内にあり?

三役争いをおさらいすると。
東筆頭の栃煌山が紱勝龍をおしだして勝ち越し。返り咲きが確定。

これで照ノ富士、栃煌山、逸ノ城が枠に収まった。
残り1枠を現在西小結で7−6の妙義龍、
西2枚目7−6の宝富士、西4枚目6−7栃ノ心、東5枚目8−5豊ノ島が争う。

今日13日目で宝富士は栃ノ心と対戦。
勝てばこちらが勝ち越し、向こうは負け越し。
ライバルを蹴落とせるか、まさに勝負所。

しかしいっぽうで三役死守に燃える妙義龍、今日対戦は誉富士。
地力から言えば難しい相手ではない。
あっさり勝ち越して宝富士の野望も打ち砕かれそうな様相だ。

誉富士は宝富士とは同部屋で、かつ近畿大学の1年先輩でもある。
出世では先を越されているものの、可愛い弟弟子で後輩の宝富士。
ぜひアシストしてやってほしいものだ。
ここで場所前に発売された雑誌から、2人に紱勝龍を加えた近大トリオの座談会を抜粋。

司会「先場所惜しくも負け越しとなった宝富士関ですが、千秋楽は勝てば初三賞、新三役も確実という活躍ぶりでした」
宝富士「負けろと思っていたでしょ?」
紱勝龍「負けろとは思ってないよ」
誉富士「俺は思っていたよ」
(中略)
誉富士「頑張ってほしい半面、やっぱり自分が先に上がりたいっていうのはあるね」
(中略)
誉富士「宝富士が十両で自分が幕下のころは毎日「負けろ」と思っていました(笑)
(中略)
誉富士今は頑張れ半分、負けろ半分ですかね」

(ベースボールマガジン社「相撲」2015年3月号「ふれんどりぃ・とーく」より)

相撲 2015年 03 月号 [雑誌]相撲 2015年 03 月号 [雑誌]
(2015/02/26)
不明

商品詳細を見る

これはダメだ(笑)…宝富士の新三役はまたもお預けとなりそうである。